Title/ ことばの食卓 Author/ 武田百合子
original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

Title/ ことばの食卓 Author/ 武田百合子

¥6,380 税込

送料についてはこちら

武田百合子が、1981年から1983年にかけて雑誌「草月」へ連載したものを中心にまとめた一冊。夫である武田泰淳とのやり取りを思い出しながら描写した「枇杷」をはじめ、洗い場で働いた時の情景を記した「誠実亭」、ある年のお正月のひととき「後楽園元旦」など、身の回りにおきた何気ない事柄について書いた、合計14のエッセイが収録されている。また、ひとつひとつの話に登場する「牛乳」「キャラメル」「お弁当」などの、食べ物は、時代背景、生活環境、季節や家族、友人との関係の核となり、その世界を味わい豊かに色づけする。著者が記憶をたどりながら、舌先に残った味の余韻を確かめるように、丁寧に綴った文章を読むと、装丁も担当した、銅版画家の野中ユリによるノスタルジックな挿画もあいまって、おとぎ話の世界に誘われたような気持になった。ダストジャケットの背にわずかなヤケがみられるが、他は問題なし。1985年発行の2刷。帯付。見返しに著者による直筆署名入り。 Title/ ことばの食卓 Author/ 武田百合子 Published/ 作品社1985 Notes/ Hardcover 250×155mm 141p