ライナー・チムニクの童話絵本
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

ライナー・チムニクの童話絵本

¥2,420 税込

送料についてはこちら

  • セーヌの釣りびとヨナス

    残り1点

  • クレーン男

    残り1点

  • タイコたたきの夢

    残り1点

ペンによる細く繊細な描画が魅力的な、ドイツの絵本作家、ライナー・チムニクによる三冊の絵物語集です。 「パリでは、セーヌの河岸に、釣りびとたちがすわりこんで、年中釣り糸をたれている。セーヌは青く、岸は黄いろい。釣りびとたちは、赤いネッカチーフを首にまきつけている。」と始まる「セーヌの釣りびとヨナス」。とある町に建てられた49メートルのクレーンと、そのクレーンにだれよりも惚れ込んだ男のおはなし「クレーン男」。「ゆこう どこかにあるはずだ もっとよいくに よいくらし!」と叫びながら歩き出す、タイコたたき達のおなはし「タイコたたきの夢」。 釣竿を持って遠くへ旅に出たヨナスのように、自らが動いて未知の国を旅したり、クレーン男のようにひと所に留まって時間が経過すると、とりまく環境の方が変化していったり。タイコたたき達は、前進あるのみで進み続けると、いつの間にか元の町に戻って来るという結果に。様々なシチュエーションで展開するストーリーに合わせて描かれた絵は、大胆な余白の使い方、恐ろしく緻密な描き込み、一枚の絵として風刺画のようなドキリとするカットもあるかと思えば、情景をのびのびと描いたものもあります。絵と文、ページをめくる行為も含めて、緩急のつけ方や対比が絶妙で面白く、読み物としても絵本としても楽しめる一冊です。 童話屋から発行。翻訳は矢川澄子によるもの。3冊ともに、外函角にスレ・イタミが見られる。タイコたたきの夢は外函背に強い日焼け。本体はともに問題なし。 Title/ セーヌの釣りびとヨナス Author/ 文と画・ライナー・チムニク  翻訳・矢川澄子 Published/ 童話屋 1981 Notes/ Softcover 230×150mm 139p Title/ クレーン男 Author/ 文と画・ライナー・チムニク  翻訳・矢川澄子 Published/ 童話屋 1984  Notes/ Softcover 230×150mm 172p Title/ タイコたたきの夢 Author/ 文と画・ライナー・チムニク  翻訳・矢川澄子 Published/ 童話屋 1981  Notes/ Softcover 230×150mm 119p