Title/ デザイン随想 離陸着陸  Author/ 亀倉雄策
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

Title/ デザイン随想 離陸着陸  Author/ 亀倉雄策

¥4,400 税込

送料についてはこちら

デザイナーの亀倉雄策が、新聞や雑誌に書いた124編のエッセイや随筆をまとめた400ページにも及ぶ大冊。テキストや図版など読みどころは多いが、本書について著者があとがきにこう記している。「この本ははじめから終わりまでじっくり読むという本ではない。パラパラとめくって面白そうだとか、興味をひきそうだと思ったところだけ読んでいただければいい。わたしは根っからのデザイナーだから、どんな随筆を書いても、デザイナーとしての眼があり姿勢があると思っている。それしか出発もないし終わりもないのだ。ようするにデザイン馬鹿ということかも知れない。」日本のグラフィックデザインの礎を築いた著者の哲学や東京オリンピックから大阪万博にかけての日本のデザイン業界の活況を知ることができる好著。表紙の鳥を模したイラストレーションは早川良雄、扉の似顔絵デザインは和田誠によるもの。美術出版社より1972年発行。函入り。ビニールカヴァー付きの初版。出版案内チラシ入り。函の背に傷みあり、表紙、本体は美品。2012年に新装版が刊行されたもののオリジナル。 Title/ 離陸着陸 Author/ 亀倉雄策 Published/ 美術出版社 1972 Notes/ Softcover 210×130mm 400p