Title/ The Stair-Goblin Boy  Author/ らくだ・こぶに 藤枝リュウジ
5f1d42baafaa9d5b7bf1622c 5f1d42baafaa9d5b7bf1622c 5f1d42baafaa9d5b7bf1622c 5f1d42baafaa9d5b7bf1622c 5f1d42baafaa9d5b7bf1622c 5f1d42baafaa9d5b7bf1622c 5f1d42baafaa9d5b7bf1622c

Title/ The Stair-Goblin Boy  Author/ らくだ・こぶに 藤枝リュウジ

¥1,650 税込

送料についてはこちら

全国に2000もの教室がある、ラボ教育センターの「ラボパーティー」では、世界中の名作絵本やオリジナルの物語をテキストにした独自の英語教育によって、子どもの感性を豊かに成長させている。現在テキストに使用されているのは、だれもが知る、「はらぺこあおむし」や「だるまちゃんシリーズ」や「ぐりとぐら」「がまくんとかえるくん」などだが、設立間もない1970年代は、”らくだ・こぶに”によるオリジナル絵本が数多くテキストに採用されていた。この聞きなれない”らくだ・こぶに”という名前は、詩人で社会主義活動家でもあった谷川雁のペンネームである。谷川雁が”らくだ・こぶに”名義で手がけた創作絵本は、高松次郎、赤瀬川原平、中西夏之、ハイレッドセンターの三人や山下菊二、藤枝リュウジらの絵とのコラボレーションで、英語の教材の枠に収まらない、非常に前衛的なものであった。 「The Stair-Goblin Boy」(かいだんこぞう)は、NHKの「ハッチポッチステーション」「フックブックロー」などのキャラクターデザインなどを手がけた藤枝リュウジとらくだ・こぶにのコラボレーション。階段の踊り場にどこからともなく現れる、かいだんこぞうのダークファンタンジーで、全編モノクロームのポップなイラストレーションで表現されている。そのちょっぴりおどろおどろしい世界観が、当時のラボ教育センターの子どもたち(ラボっ子)たちの印象に深く残っている作品でもある。表紙、本体に経年の擦れ、汚れ、本体は概ね美品。ラボ教育センターより1973年発行の第7刷。 Title/ The Stair-Goblin Boy Author/ らくだ・こぶに 藤枝リュウジ Published/ ラボ教育センター 1973 Notes/ Softcover 255×180mm 27p