Title/ 辻嘉一の料理帳
5ea93f5672b911789b905370 5ea93f5672b911789b905370 5ea93f5672b911789b905370 5ea93f5672b911789b905370 5ea93f5672b911789b905370 5ea93f5672b911789b905370 5ea93f5672b911789b905370 5ea93f5672b911789b905370 5ea93f5672b911789b905370 5ea93f5672b911789b905370 5ea93f5672b911789b905370 5ea93f5672b911789b905370 5ea93f5672b911789b905370 5ea93f5672b911789b905370

Title/ 辻嘉一の料理帳

¥3,080 税込

送料についてはこちら

  • 料理心得帳

  • 料理嘉言帳

茶懐石「辻留」主人・辻嘉一が説く食の心得。とは言いつつも、「料理の秘伝は、ただ真剣に料理に取り組んでみること」「美味は注意力の集中で生まれるものですよ」と、その言葉は決して堅苦しいものではなく「ああなるほど」と、腑に落ちます。料理づくりは、料理だけに精通すれば事足りるのではなく、料理以外のことも心得やその蓄積の多いほど、ひらめきは勘となり、献立づくりや盛りつけのセンスを作るという、料理を通じて現れる人のあり方。「料理のおしえ」「滋味雑記」「味の今昔」「仕事への心意気」「名人と名手」「足るを知る」など目次に並ぶひとつひとつを、ゆっくり味わいながら読むのが楽しく、味わい深い随筆集です。 また「料理心得帳」では幸田文、司馬遼太郎や坂東三津五郎、「料理嘉言帳」では小島政二郎、川島四郎との対談も収録。松尾芭蕉や小林一茶などの俳句を随所に引用した「味のこころ」の章(料理心得帳)は、四季折々の食材や、風物にも触れ、歳時記を読んでいるような心持ちになります。扉・題字はともに里見弴によるもの。共に函の角に経年によるスレが見られる。「料理嘉言帳」の函の背にヤケ。本体は共に美品。 Title/ 辻留・料理心得帳 Author/ 辻嘉一 Published/ 婦人画報社 1972 Notes/ Hardcover 185×135mm 244p Title/ 辻留・料理嘉言帳 Author/ 辻嘉一 Published/ 婦人画報社 1975 Notes/ Hardcover 185×135mm 280p