Title/ 百瀬博教の自費出版本 Author/ 百瀬博教
5ea29447cee9ea04f5c2491b 5ea29447cee9ea04f5c2491b 5ea29447cee9ea04f5c2491b 5ea29447cee9ea04f5c2491b 5ea29447cee9ea04f5c2491b 5ea29447cee9ea04f5c2491b 5ea29447cee9ea04f5c2491b 5ea29447cee9ea04f5c2491b 5ea29447cee9ea04f5c2491b 5ea29447cee9ea04f5c2491b 5ea29447cee9ea04f5c2491b 5ea29447cee9ea04f5c2491b 5ea29447cee9ea04f5c2491b 5ea29447cee9ea04f5c2491b 5ea29447cee9ea04f5c2491b

Title/ 百瀬博教の自費出版本 Author/ 百瀬博教

¥13,200 税込

送料についてはこちら

  • 自作自演の喜劇

  • 僕の刀

ナイトクラブの用心棒、作家、詩人、格闘技プロデューサー(プライドの怪人と呼ばれた)、日本スノードーム協会事務局長などさまざまな顔を持つ、謎多き人物・百瀬博教が書いた自伝的な二冊の随筆集を紹介する。 一般的に詩集「絹半纏」が最初に書いた本と言われているが、それ以前に本書「自作自演の喜劇」を著していたことを知る人は少ない。百瀬博教二十六歳の頃の自費出版。「思い出に節度がない」と自身が語る並外れたイメージの再現力で、幼い頃の懐かしい情景や、旅先での何気ない思い出が、まるで彫琢するかのように細部にわたって記されている。他の本では見ることのできない、プライヴェートな写真がところどころ配されていて、百瀬家の家族アルバムのページをめくっているような感覚になる。序文を石原慎太郎が、あとがきを当時週刊平凡の編集長であった木滑良久が寄せている。箱に汚れが見られるが、本体は美品。1966年に自費出版されたもの。希少。 Title/ 自作自演の喜劇 Author/ 百瀬博教 Published/ 自費出版 1966 Notes/ Hardcover 210×150mm 153p 見返しに几帳面な角ばった細かい字でびっしりと、本書に登場する思い出の人たちの名前が記されている。侠客であった父百瀬梅太郎の思い出を綴った、表題の「僕の刀」は、後に漫画「まちがっていない」の原作となった小編。三島由紀夫や石原慎太郎の作品の批評を読んでいるつもりが、様々な記憶が混じり合い、いつのまにか昔に撮られた一枚の写真をみているかのような、子細な回想録となってしまう不思議な文章が魅力です。数ページごとに文章に関連する写真が収められている。トレードマークの帽子をかぶっていないものや、祭り姿など、他の本では見ることのできないものばかり。跋文をアララギの同人石川福之助、序文を石原慎太郎が、あとがきを当時POPEYEの編集長であった木滑良久が寄せている。箱に擦れ、傷みがあるが本体は美品。1979年に限定豪華本として自費出版された非売品。希少。 Title/ 僕の刀 Author/ 百瀬博教 Published/ 自費出版 1979 非売品 Notes/ Hardcover 210×150mm 217p 浅草キッドのホームページ 前田日明×百瀬博教対談 http://www.asakusakid.com/past-column/momose-maeda.html