Title/ ピーナッツの英会話学校4冊セット Author/ チャールズ M. シュルツ
5e916766e20b04231831eedf 5e916766e20b04231831eedf 5e916766e20b04231831eedf 5e916766e20b04231831eedf 5e916766e20b04231831eedf 5e916766e20b04231831eedf 5e916766e20b04231831eedf 5e916766e20b04231831eedf 5e916766e20b04231831eedf 5e916766e20b04231831eedf 5e916766e20b04231831eedf

Title/ ピーナッツの英会話学校4冊セット Author/ チャールズ M. シュルツ

¥11,000 税込

送料についてはこちら

ピーナツコミックの日本語版を出版していたツルコミック社から刊行された、ピーナッツの英会話学校シリーズ。キャラクターごとに「スヌーピーのずっこけ」「チャーリー・ブラウンのカッコイイ」「ルーシーのもうれつ」「ライナスのおしゃぶり」英会話学校の4冊に分かれている。大好きなピーナッツの登場人物たちの会話から、学校の授業では学ぶことのできない生きた英語を身につけようという意欲的な教科書でもある。とはいえ、まじめばかりではなく、いかに英語を楽しんで学ぶことができるかをポイントに編纂されていて、飽きることなく通読することができる。扉ページの英会話学校校則7か条を読むときっとこの学校に入学してみたくなるだろう。 <英会話学校校則> 1.一語一句ホンヤクしようなどというケチな考えはもたないこと。 2.年令,身分, 職業のいかんを問わず,日一度は,英語で赤ッパジをかくこと。 3.マンガをみて Imagination をひろげ, 夢のある Character を育てること。 4.ナンデモ人一倍デカイ声でしゃべること。 5.闘争心よりスナオな心で,リクツより実際行動(Action)をモットーとすること。 6. けっして勉強机などで,この本を読まないこと。電車やトイレの中などが最適。 7. いつも感じやすい心をぶらさげていること。 (Feeling を大切にしよう ) 表紙、本体に経年の傷み、汚れが見られるが概ね美品。帯付きの4冊揃いは特に希少。 Title/ ピーナッツの英会話学校4冊セット Author/ チャールズ M. シュルツ Published/ツルコミック社 1970 Notes/ Softcover 175×105mm 各94p