【サイン入】Title / AmaDablam Author/ 石川直樹
5c49978cc2fc2823b2dc8f7e 5c49978cc2fc2823b2dc8f7e 5c49978cc2fc2823b2dc8f7e 5c49978cc2fc2823b2dc8f7e 5c49978cc2fc2823b2dc8f7e 5c49978cc2fc2823b2dc8f7e 5c49978cc2fc2823b2dc8f7e 5c49978cc2fc2823b2dc8f7e 5c49978cc2fc2823b2dc8f7e 5c49978cc2fc2823b2dc8f7e 5c49978cc2fc2823b2dc8f7e

【サイン入】Title / AmaDablam Author/ 石川直樹

¥3,300 税込

送料についてはこちら

石川直樹さんのサイン入り、少部数入荷しました。 (無くなり次第売り切れ) 金沢のギャラリーSLANTから刊行される、写真家・石川直樹さんのヒマラヤシリーズ。今回焦点を当てたのは、ネパール・クンブー地方に座する、アマダブラム。ヒマラヤ地域に幾度も足を運んでいた石川さんが、その凛々しくそびえたつ姿を見る度に心惹かれ、いつか登りたいと願った「母の首飾り」の異名を持つ標高6,856mの山です。標高こそ、エベレストやローツェなどには及ばないものの、高度な登攀技術を必要とし、2013年の撤退を経て、2018年の2度目の登攀で登頂に成功しました。最初の山行から5年、再び挑戦したいと思う石川さんの気持ちが消えることのなかった、その山の魅力は何なのでしょうか。 「この山は、世界で一番美しい」と多くのシェルパが口にするアマダブラムついて、麓に住まう人々や動物、街道沿いの村、そこで遭遇した儀礼祭をも記録した、ドキュメンタリーです。本書に収録された英文テキストの、元となった石川直樹さん執筆による原文を印刷したリーフレットと、アマダブラム特大ステッカー付き。 Title/ AmaDablam Author/ 石川直樹 Design/ 田中貴志 Published/ SLANT 2019 Notes/ Hardcover 280mm×300mm 48p カラー