Title/原民喜童話集 Auther/原民喜
5a8692a0ed05e67b92000246 5a8692a0ed05e67b92000246 5a8692a0ed05e67b92000246 5a8692a0ed05e67b92000246 5a8692a0ed05e67b92000246 5a8692a0ed05e67b92000246 5a8692a0ed05e67b92000246

Title/原民喜童話集 Auther/原民喜

¥2,970 税込

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー1件

送料についてはこちら

広島での悲惨な被爆体験を静謐な筆致で書き記した小説「夏の花」で知られる作家原民喜。重たすぎる現実を目をそらさずに見つめ続ける一方で、無垢な魂の避難所として、大人が読むにたえる「ガリバー旅行記」の再話や、ごく短い創作童話を文芸誌に数篇だけ残していた。本書は、これまでに原民喜全集にのみ収められ、一般に知られることの少なかった「山へ登った毬」「気絶人形」「うぐいす」「二つの頭」「誕生日」「もぐらとコスモス」「屋根の上」の七篇の童話と、全集未収録となっていた「ペンギン島の歌」が収められた、原民喜の童話集の決定版です。「毬」と題した別巻では、蜂飼耳、竹原陽子、須藤岳史、田中美穂と、本書の編纂をした未明編集室の外間隆史らによる、原民喜をめぐる考察とエッセイを読むことが出来、作家の知られざる魅力に光が当てられています。二冊組、共箱入り。 Title/ 原民喜 Author/ 原民喜童話集 Published/ 未明編集室 2017 Notes/  Softcover 195×133mm 本巻90p 別巻122p