Title/ 風俗時評 Author/ 花森安治
59facd83428f2d2b0a0030fd 59facd83428f2d2b0a0030fd 59facd83428f2d2b0a0030fd 59facd83428f2d2b0a0030fd 59facd83428f2d2b0a0030fd 59facd83428f2d2b0a0030fd 59facd83428f2d2b0a0030fd

Title/ 風俗時評 Author/ 花森安治

¥3,780 税込

送料についてはこちら

雑誌「暮しの手帖」初代編集長にして、稀代の批評家、花森安治がパーソナリティを務めたラジオ番組「風俗時評」の60回余りの放送から4カ月分を1冊にまとめたもの。冒頭から、「実は今日はひょっとしたらイヤなことを申し上げなければならないかと思うのです…」という言葉から始まる通り、歯に絹着せぬ潔い物言いで、サラリーマンに大学生、子どもの親から社会全体に対して、当時の人々の暮らしへの示唆や考えを述べている。話の所々にユーモアがまじり、あたかもラジオを聴いているかのように、思わずくすりと笑ってしまう話の面白さに、ひきこまれてしまいます。今ではもう聴くことのできない、花森安治独自の鋭い洞察力で切り取られた話を、まるで間近で聴いているかのように思えてきます。東洋経済新報社の家庭文庫シリーズより1953年発行。表紙全体に傷み、汚れ。本体に経年によるシミが見られるが、読むことに支障なし。 Title/ 風俗時評 Author/ 花森安治 Published/ 東洋経済新報社 1953 Notes/ Hardcover 143×143mm 121p